スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルカバ 状況 壱

MENG MODELのメルカバ3BAZやっとここまでできたー。
とりあえず素組みで出来るパートまで。ここまではストレート組み。
DSC_0303.jpg

よーく出来てると思います。リサーチもさすが!と唸るくらいに
できていて、模型から初めてわかるメルカバの機能も。

ただですね、このプラモ、妙に表面がツルツルしててですね。
ものっそい細かい、たぶん他メーカーなら一体で成型して
それっぽく見せるようなところも実物どうりに再現していまして。
それはそれで「スゲー…」なんですけどパーツが「極小&極細」
なもんで、パーツがツルッとしてポロっと飛んだら大変ですよーΣ(;゚д゚)
超気ィつけてたんで、なんとかここまでできましたけど。

新興メーカーらしからぬ精度はデジタル設計の恩恵なのかなー、と
思いますけど、プラのヒケはやはりデジタルでは制御できないのか
ちょっと気になるところもあります。エバキュエーターとかがちょっと。
そうはいっても全体の出来がいいのであまり贅沢をいってはいけないですね。
DSC_0309.jpg

あとはまあこれらのパーツに手を加えて完成まで一気にいきたいところ。
DSC_0305.jpg

バスケットのカバーはモデルカステンの新作!いいですコレ!
DSC_0304.jpg

改修にあたり参考にしてる資料はコレ。わりと本によって載ってたり
載ってなかったりなので、いろいろと見よう。
とりあえず車体後部にもアンテナ?ロッド?が両端にある。
コマンダー&ローダーハッチのやや後ろ中間あたりに風向センサーポール
もあるみたい。Cal20の薬莢受け袋も要る。車体後部に荷物追加で付けるか…
バスケットの留め金?みたいのもどうするか悩むところ…
DSC_0308.jpg

さーて、ぶっちゃけこっからが本番!ここまではストレートなので
ここからが味付けです。年内にできるかなー(´・ω・`)

あとこのキットの特長でもあるチェーンカーテンのプラパーツ化!
これはやはりメルカバの組立の難易度を一気に下げたので大いに評価!
んで、これらのデリケートなパーツをストレスなく切り出すのに
なくてはならなかったのが、ゴッドハンドっていうメーカーの
片刃ニッパー。超切れます。切れすぎて失敗することもあるほどにw
これ、まじオススメでもはや必需品。

はやく完成させて飾りたいぞー。
しかしまあ8年前はメルカバ3作るのに四苦八苦だったのに、今じゃ情報
ありすぎて追いきれないとは。すごいなあ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。