スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TK-X

TK-X、発表されたのはもう2年も前になりますか。
まさに衝撃的フォルム。あの時の状態は↓
キタ━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━!!!!
でございました。で、実は発表された2週間後くらいには作り始めてました
サイズは1/35。どうもサイズなどを見ると90式より一回り小さい…と
いうことらしいんだけど(確かにそう見える)、そんなに大きく変わらない
だろう、と90式プラモを切り詰めて芯としてます。そうすることで
面の平行とか出しやすいので。結果的に表面に残ってる箇所はないですが。

とにかくかっこいい。模型人としては機能よりもフォルム、スタイルにまず
目がいってしまうのはサガ。よくレオパルド2に似てるとか言われるけど作れば
わかる、全然似てません。砲塔前面が楔型なだけです。収斂進化で大体
形は似通ってくるものなのでむしろこのアイデンティティは日本戦車としては
特筆ではないかと思いますよ。しかしTK-X、実用性としてもよく練りこまれて
るなあ、と現用軍ヲタとしても嬉しいかぎり。これが日本の次期主力戦車というのは
誇らしい。一度本物が見てみたいです。これが総合火力演習で発砲したら
すごいのでしょうねえ。

TK-X1
TK-X2

発表された当時に出版された軍事関係雑誌にはこぞって公開時の写真が
たくさんあったのですが、共通してたのはどれも「上面写真」がない。
わずかに見えそうでみえない構造物と90式の配置を参考に想像で上面は
作っています。

TK-X3

にしても作り始めたのは2年前。実は最初から完成したらアーマーモデリングに
読者投稿するぞ~、って前編集長と悪だくみしてたんですが(笑)。
いかんせん本業で疲れ切ってフィジカルでもメンタルでもモチベーションが
維持できずズルズルと…('A`)
今年の総合火力演習に試作車が出てくるとは正直思ってませんでしたが、量産車
が出てくるまでには完成したかったなあ…このフルスクラッチモデルは試作車だし。
というわけで完成を待たずに公開したのは自分に喝を入れるためというか
見られることでモチベーションを高めるためであります。
や、完成すればちょーかっこいい戦車だよ、これ。

TK-X4

完成までの道のりで一番の壁はコレ…キャタピラとホイール類を1枚1個ずつ複製時の
欠けやピンホール、ボルトの欠損などを修正しないといけないということ…
これを超えねばこのTK-Xに足回りはいつまでもつかないのです(;ω;)
本体のディテーリングなんかは楽しい作業なので始めれば進むんですけどね~。
しかし!こうしてブログに載せた以上進める!…進むハズ。進んで欲しい('A`)

TK-X5
スポンサーサイト
コメント
No title
メールを出してからコメしようと思いましたが・・・

何が投下されるのかと思っていたら
「キットをお手軽改修」的なモノではなくスクラッチじゃないですか!
仕事&MH&趣味でもスクラッチ・・・神の領域に近づきつつある様な(;´Д`)
あまりに細かいパーツだと、圧力鍋レベルでも欠けちゃいますかね?

>進むハズ。進んで欲しい
名前を出しちゃいましたし、コメ多く付くんじゃないでしょうかー
結果、モチベ維持=完成に近づくヽ(゚∀゚)ノ
2010/09/12(日) 22:55 | URL | 山岡 #-[ コメントの編集]
No title
圧力鍋…手製真空脱法?たぶん大丈夫だと思う。
持ってないから常温常圧でしました。すげーたくさん。まともに
抜けたのは…ゼロ。パーツの山見るとうんざりします…('A`)

このTK-X完全ムクだからたぶん1キロ近くあるから重くてねえ…
作ってると手が痛くなります(慢性的に腱鞘炎だから)。

名前出したのはこのブログは完全にプライベートモデリングしか
扱わない、ってことでして。さすがにプライベートでスクラッチしてる
のはこれだけですな(´・ω・`)
2010/09/13(月) 07:10 | URL | akira #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。